スポンサードリンク

2013年01月11日

大阪市立桜宮高校の体罰 公益通報に密告した報復・仕返し・見せしめ?

大阪市で高校2年の男子生徒が教師から体罰を受けて自殺した問題で、教育委員会が、たたいた回数について、両親と教師の主張が異なっていることを知りながら、教師の言い分だけを発表していたことが分かりました。

自殺した男子生徒の両親:「本人が受けた印象として、30発から40発(たたかれたと)息子(の口)から出てきている」

大阪市教育委員会は、両親からこの証言を得ていながら、当初の発表では体罰をした教師の言い分だけを発表していました。

大阪市教育委員会:「顔面を数回たたかれる状態です」
 
この市教委の姿勢について、橋下徹大阪市長は「双方の主張を正確に伝えないといけない。こういう事案は、最初にどういう言葉を発するかですべてを決する」と話しました。

桜宮高校では、2年前に体罰で停職処分を受けた別の教師が去年、再び体罰をしたことを把握しながら10日まで隠していたことも発覚していて、隠蔽(いんぺい)体質が浮き彫りになっています。


http://news.tv-asahi.co.jp/

ここまでテレ朝ニュース引用


大阪市立桜宮高校(同市都島区)の、バスケットボール部顧問である男性教師の体罰を指摘する情報が、平成11年、「公益通報制度」に基づき市に寄せられたていたそうです。


関連記事

橋下徹大阪市長が容認してきた体罰後にバスケ部主将の男子生徒が自殺


大阪市のホームページを見てみました。

大阪市の公益通報制度


「通報内容について調査を行うこととなった場合も、通報者氏名等は基本的に明らかにはしません。」とあります。


しかし、通報された人間は、自分の行ったことを棚に上げて「密告したのは誰だ!」と、通報者の目星を付けることはできるでしょう。


日頃から、粗暴で、ヤクザ並みの暴力を平気で振るう人間ならば、腹いせに通報者へ仕返しすることを考え、今後、そのような通報がないように、さらに暴力をエスカレートさせてやろう、見せしめにしてやろうと考えるということも想像に難くありません。


実際に、自殺した大阪市立桜宮高校バスケットボール部キャプテンの男子生徒が、顧問に宛てて「殴られるのがつらい」と手紙を書いたものの、友人から「こんなことをはっきり書いたら、また 怒られる」と忠告され、顧問に渡すのを思いとどまっていました。


自殺した男子生徒の周囲の生徒たちも、このバスケットボール部顧問が、自分の行動を顧みることなど期待できない、暴力をよりエスカレートさせる人間だと感じとっていたようです。


実際に通報したのは誰なのかは分かりませんが、バスケットボール部顧問の暴力教師が、亡くなった男子生徒を通報者と考え、暴力をエスカレートさせていった可能性が否定できません。


現在、教師による体罰という名の暴力、また、イジメという名の暴力を受けている生徒たちに言いたい!


公益通報制度を利用することも、学校・教育委員会に訴えることも、暴力を隠蔽し、加害者を保護するための仕組みでしかありません。


大人たちは暴力被害に遭った場合、公益通報制度など利用しません。


警察に被害届を出します。


警察も、加害者に特別な背景がある場合は機能しないこともあるようですが、公益通報制度・学校・教育委員会よりは幾分マシです。。。


暴力被害を受けた生徒たちが、理不尽な制度・仕組みに付き合わされる道理はありません。


暴力被害に遭ったら、迷わず警察に訴え出ましょう。

スポンサードリンク
posted by 話題のニュース・トピックス !噂のブログ
Comment(0) | TrackBack(1) 社会 大阪市立桜宮高校事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

暴力高校 大阪市立桜宮入試中止 橋下市長VS暴力推進 教育委員会
Excerpt:  大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、橋下徹市長が同校の体育系2科の入試中止を市教委に申し入れたことをめぐり、市教委には16日午前、百本を超す..
Weblog: 話題のニュース・トピックス 噂のブログ
Tracked: 2013-01-17 01:27
楽天市場
スポンサードリンク
ウェブ検索

サイト内とおすすめサイト内検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。